何でもないわが家の週末の朝

\ 読者登録おねがいします/

今日は何にもない土曜日。

だから、わが家の何でもない、過ぎゆく日常を綴ります。

<スポンサーリンク>



今日はいつもと同じ、何もない土曜日。

いつもと同じように起きてコーヒーを淹れ、ぼんやりしながら朝ごはんを作る。
主婦には週末も関係ない。

ちなみにわが家の子ども達にも週末は関係ない。
朝ゲームをするために、5時すぎに起きる。
元気で何より。



夫だけは違う。
週末の朝はゆっくり寝室で過ごす。

普段いそがしいから特に何も言わない。
ゆっくり休んでくれればいいと思う。

だけど不思議なことに、朝ご飯ができるタイミングで寝室から出てくる。
何時であろうと、食卓に朝食が並び終えるピッタリで「おはよ~」と起きる。

これは特殊能力に違いないと踏んでいる。
わが家に七不思議があるとするならば、ひとつにノミネートするだろう。



コーヒー


食事を終えたら私は皿を洗い、洗濯と掃除をする。
このあと買い物も行きたいし、靴も洗いたいし、子供の勉強の丸付けもある。

ゆっくり過ごすためにはテキパキ動かなくては。

そんな私と対照的に、夫は先日届いた子供のタブレットをいじっている。


――― これは長くなるぞ―――



今週、わたしは仕事が忙しすぎて疲れ切っていた。
できれば家事を手伝ってほしい。

言うべきか、自分でちゃっちゃとやってしまおうか。


迷っていたら夫がしゃべった!

「アレクサ、今日の天気は?」

今まで家電を見に行く度に、夫が買いたがっていたアレクサ。
夫が欲しがる度に阻止してきたアレクサ。

そのアレクサが、どうやらタブレットに入っているようだ。
家事の協力お願いを断念することにした。

Echo Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

新品価格
¥5,980から
(2020/8/1 16:02時点)

夫がアレクサと遊ぶ横で、私は黙々と家事をする。

楽しそうだし、ちょっとイライラするわ。
リビング占領してるから掃除できないし。

「アレクサ、音楽をかけて」

「アレクサ、電話をかけて」

「アレクサ、うたって」

……わたしのsiriより歌がうまくて、くやしい。


夫の元へ興味深々の息子が近寄る。

なんて質問するんだろう。
掃除をしながら聞き耳を立てる。


息子「アレクサ、キッチンペーパー注文して!」


うまいこと言ったね!と思ったけれど、
めちゃくちゃ夫に怒られている。

私も気をつけよう。

あぁ、私もアレクサにお願いしたい。

「アレクサ、洗濯物干して。」
「アレクサ、お昼ご飯作って。」


<スポンサーリンク>