【ブログアクセスアップのコツ】リライトでアクセス0から人気記事へ大変身!

\ 読者登録おねがいします/

f:id:kawarun:20191012175230j:plain

こんにちは、KAWARUN(カワルン)です
 
今回はブログアクセスアップのコツ第1弾『リライト』についてのお話です
 
 
常に新鮮な情報を提供するためにリライトは欠かせませんよね
 
人間と同じようにブログも定期的なメンテナンスが必要なのです
 
WebライターのKAWARUNが
ブログにおけるリライトの必要性や
リライトのコツなどをわかりやすくご紹介します
 
アクセスアップしたい方はこの記事を参考に
ブログのリライトをしてくださいね!
 
<スポンサーリンク>
 

 

リライトとは

リライトとは文章を書き換えることです

 

ブログの過去の記事を修正・追記してリライトすることで

より良い品質に高められます

 

リライトをするメリット

 

ブロガーの皆さんは

自分が書いた過去の記事を読んでいますか?

 

書いた当初は完璧と思った記事も

改めて読み返すといろいろ気づきがあるものです

 

「この記事の内容って古いかも」

「文字が多くて読みにくい!」

「アクセス情報が載っていない」

など感じたことがありませんか?

 

すぐにリライトしましょう!! 

 

 

 

リライトすると次のようなメリットが得られる可能性があります

f:id:kawarun:20200420155953p:plain  

▽ リライトのメリット ▽

・最新の情報に書き換えられる

・内容がわかりやすくなる / 読みやすい記事になる

・より内容が充実する

・検索順位が上がる

・アクセス数がアップする

「可能性がある」と書きましたが
リライトをすれば必ずしもメリットが得られるわけではありません
 
検索順位が下がってしまうリスクもあります
つまりアクセス数が減ってしまう可能性があるということです
 
しかし より良質な記事にするためにも
私はリライトが必要だと考えます
 
リライトで失敗しないためにも
リライトのポイントをチェックしてみましょう
 
重要なのはユーザー目線かどうか

 

アクセス数をアップさせるためには

SEOを意識したキーワード選びなど さまざまなコツがあります

 

しかしリライトの際に私がもっとも気をつけているのは

ユーザー目線で記事を書き換えることです

 

ブログを訪問したユーザーから

「わかりやすい!読みやすい!」

「知りたい情報を得られた」

と感じてもらえるかが重要です

 

ブログのファンとなってくれる方が増えて

結果的にアクセス数アップにつながればいいな~と思っています 

 

普段ブログを更新するときから気をつけたいことですね! 

リライトする記事の選び方

リライトする際にもう1つ気をつけていることが記事選びです

 

次のような記事はリライトしない方がおすすめです

・もともと検索流入数が多い記事

・はてなブックマークがたくさんついている記事

 

KAWARUNはブログを開設した初期に書いた記事から

つぎのような記事を選んでリライトしています。

▽ リライトにおすすめの記事 ▽

・検索流入数がほぼゼロの記事

・情報が古い記事

・内容が分かりにくい記事

・読みづらい記事

 

ほかにもリンクさせたい記事ができた場合や挿絵を挿入したいときなどに

記事中のデザインをメンテナンスすることがあります

 

リライトにより記事の内容をより充実させて

アクセス数をアップさせましょう!

 

 

リライトしたらアクセス数が大幅アップ

『書く、走る。』は記事の更新をしながら
少しずつ開設当初にアップした記事をリライトしています
 
実は今読んでいるこの記事も
定期的にリライトしてメンテナンスをしていますよ~
 
先日リライトしたのはこちらの記事

リライトする前は「はてなブックマーク0」「検索流入数0」の記事でした

www.kakuhashiru.com

そしてリライトした結果、

当ブログの検索流入数第2位の記事になりました

 

リライトしなければ今もアクセス0の記事だっだことでしょう

 

<スポンサーリンク>
 
 

リライトのコツ

では実際の記事をリライトしながら

リライトのコツをチェックしていきましょう

 

今回リライトするのはコチラ↓の記事 

www.kakuhashiru.com

  

リライトする前の記事の状況
 
 リライトする前は
「はてなブックマーク0」「検索流入数0」「はてなスター0」
とまったく誰からも読まれていない記事
 
リライトにより たくさんの方に読んでもらえる記事を目指します! 
リライトのコツ(1)見出しをつける
 
読み返したら 文字だらけの箇所は読みにくいです
 
わかりやすくするために
「チケット料金」「チケット購入特典」など
見出しをつけます
f:id:kawarun:20191012170352j:image 
リライトのコツ(2)最新の情報に書き換える
 
公式HPをチェックして変更点がないかチェックします。
 
たとえば今回の場合は
期間限定でハロウィン限定デコレーションがされているとのこと
 
追記をしました
 
f:id:kawarun:20191012170403j:image
 
期間限定の情報について追記したということは
期間終了後に追記情報を削除する必要があるということです
 
リライトが再度必要になります

記事によってはこのように定期的なメンテナンスが必要です

リライトのコツ(3)更新方法を選択する
 
リライトの更新方法は3種類あります
記事のアクセス状況に応じて更新方法を選択しましょう
 

▽ リライト記事の更新方法 ▽

  1. そのまま更新ボタンを押す
  2. 更新日時を現在の日時に変更して更新
  3. カスタムURLを設定して更新
 
1.そのまま更新ボタンを押す
記事の内容だけ変更したいときに選択する更新方法です
 
2.更新日時を現在の日時に変更して更新
更新日時を現在の日時に変更することで
ブログのトップページに表示することができます
 
過去の記事にリライトした記事が埋もれることがなく
ブログ読者やホーム画面からブログを読む人に
読んでもらえる可能性があります
 
更新方法は後述します
 
3.カスタムURLを設定して更新
新たなページとして生まれ変わることができます
そのため「はてなブックマーク」や「はてなスター」を引き継ぐことができません 
カスタムURLを設定する方法やメリットについては後述します
 

はてなブログでのリライト記事の更新方法

当ブログは「はてなブログ」を採用しています

 

リライトした記事の更新方法について説明します

 
「1.そのまま更新ボタンを押す」の更新方法
 
リライトした後 ポチッと更新ボタンを押してください 
 
「2.更新日時を現在の日時に変更」の更新方法

右上にある編集オプション(歯車の形)をクリック

「投稿日時」を現在の日時に書き換えます

 
f:id:kawarun:20191012152159j:image
 
更新ボタンをポチッと押して完了です
 
リライトした記事がトップページに表示されるようになります 
 
「3.カスタムURLを設定する」の更新方法とメリット
 
ブログの編集画面にある歯車のマークをクリックすると
カスタムURLを設定できます
f:id:kawarun:20191012152203j:image
 
URLを設定しない場合は、
というながーいURLになるのですが
 
カスタムURLを設定すると
とコンパクトなURLに変身!
 
f:id:kawarun:20191012172229j:image
 
この短いURLにすると次のようなメリットがあります
 
  • メリット その1
GoogleアナリティクスやGoogleコンソールの画面の
人気記事やエラーページで
どの記事を指しているのか判断しやすくなります
 
 f:id:kawarun:20191012161307j:image
日付URLだと どの記事を指しているのかわかりづらいですよね
 
それに対して「kako」URLは
「かこさとしの世界展」の記事だとすぐにわかります
 
  • メリットその2
URLが短いので
Googleクロームにページを発見してもらいやすくなります
 
つまりユーザーが検索したときに検索結果に表示され
アクセス数がアップする可能性があります
 
逆にいえば クロームにページを見つけてもらえるまでは
検索結果に表示されないということです
 
 
しかしクロームに早くページを見つけてもらう方法があります!
 
ページを更新するたびに
Googleコンソールでインデックス登録のリクエストをする方法です
 
KAWARUNも毎回していますよ!
 
とはいえ時々忘れてしまうので(笑)
カスタムURLを設定することをおすすめします
 
 
Googleコンソールでインデックス登録のリクエストをする方法については
ブロ友の佐藤誠さんのブログ『あくまでも独り言』の
コチラの記事で詳しく紹介しています
ぜひチェックしてくださいね!
<スポンサーリンク>

 

まとめ

今回はブログをリライトするメリットや

リライトするコツについて説明しました
 
過去の記事をリライトすることで
よりわかりやすく新しい情報に書き換えることができるリライト
 
アクセス数もアップする可能性を秘めているので 
ぜひリライトをしてみてくださいね!
 

ランキングも参加しています。よかったら応援お願いします。  


ブログライターランキング