在宅ワーク、はじめませんか!?自宅待機の今だからこそおすすめ!

\ 読者登録おねがいします/

f:id:kawarun:20191012175230j:plain


こんにちは、webライターのKAWARUN(カワルン)です。
 
連日テレビはコロナウィルス関連のニュースであふれていますね。
不安ばかりが増す日々を過ごしています。
一体いつになったら落ち着くのか・・・。
 
【こちらの記事もチェック】マスクをオンラインで入手できました!
自宅待機や在宅勤務が推奨される現状ですが
休業中で「仕事がない!!」という方もいらっしゃると思います。
 
今回はこんな状況だからこそおすすめする「在宅ワーク」についての紹介です。
これから仕事を始めようと考えていた方も、この機会に在宅でのお仕事を検討してみませんか?
 
【スポンサーリンク】

 

在宅ワークとは

自宅を職場として仕事をするのが「在宅ワーク」です。在宅勤務ともいわれます。

そして「在宅ワーク」というスタイルで働く人のことを「宅ワーカー」といいます。
 
KAWARUNはwebライターとして在宅ワークを始めて5年目です。
 
「自宅で勤務しています!」と言うと
「旦那さんのお仕事のお手伝いですか?」
「内職ですか?」
と聞かれることが多いです。
 
内職はシール貼りや組み立て作業など、手作業の仕事が多いです。
仕事を依頼する会社から委託を受けて、物品の製造や加工などを行うスタイルの仕事です。
会社側の規則や最低賃金などが定められており、内職をする労働者は保護された状況で働くことができます。
 
KAWARUNのような在宅ワーカーの場合は、契約条件や賃金などの点においては、各業者(クライアント)との契約になります。条件はクライアントごとに異なり、自分自身で責任を負い、管理していかなければなりません。
手作業だけではなく、webライターやデザイナー、プログラマーなどパソコンを使った仕事が多いです。
 
 

在宅ワークのメリット・デメリット

 
自宅で仕事をする「在宅ワーク」ならではのメリット・デメリットがあります。
 

在宅ワークのメリット

まずは在宅ワークのメリットからチェックしてみましょう。
 

出勤時間がない

在宅ワークの大きなメリットのひとつは「出勤時間がないこと」
朝、パソコンを開けばもうそこは仕事場です。
 
満員電車に揺られながら長時間出勤する必要も
雨の中クタクタになりながら自転車で帰宅する必要もありません。
 

時間を自由に使える

在宅ワークは自分で自由に時間を管理することができるのも魅力のひとつです。
子どもの参観日や急な発熱でも、対応可能です。
平日の昼間に美容院へ行ったり空いている時間にショッピングをして、夜はしっかり仕事をする!
ということもできますよ。 
 

人間関係のストレスが少ない

仕事の報告や相談は基本的にメールやチャットで行っています。
ときどき打ち合わせで会社訪問をしたりビデオ会議をしたりすることもありますが、
多くはオンライン上でのやりとりです。
人間関係のストレスは非常に少ないです。
受注した仕事を淡々としていくのみ!
 

仕事は選ぶことができる

KAWARUNは「いい仕事をするね!」と思ってもらうために、
せっかくご依頼いただいたお仕事でもお断りすることがあります。
 
納期が短すぎる仕事
見合わない報酬を提案された場合
リスクがある仕事
クライアントから誠意が感じられない
 
KAWARUNもその昔、お勤めていたときは「NO!」といえず
休日返上で残業して納品なんてこともありました。
営業先でネチネチとやられた過去も(涙)
 
フリーランスとして仕事をするには
覚悟を決めて仕事しなければならない場面もありますが
ある程度仕事を選ぶことも大切だと思っています。
 
<スポンサーリンク>
 

在宅ワークのデメリット 

 
自分で責任を負わなければならない在宅ワーク。
もちろんデメリットもあります。
 

時間管理をしながら仕事をしなければならない

スケジュールを監視する人はいないので、
自分で時間管理をしながら納期までに仕事を完成させなければなりません。
自宅にいるので、ついつい気が緩みがちです。
うっかりお菓子やテレビ、お昼寝で休憩が長くなることのないように気をつけます。
 
仕事を受注した以上、納期はしっかり守って納品しなければなりません。
また、続けて仕事を依頼してもらうためには、いい加減な仕事はできません。
 

収入によって確定申告する必要がある

一定額以上、収入があった場合は確定申告をしなければなりません。
 
「一定額以上」というのはフリーランスの場合
1年間の事業所得が38万円(副業の場合は20万円)を超える場合です。
 

仕事は自分で見つける必要がある

在宅ワークを始めた当初、一番大変だったのは
自分で仕事を探さなければならないことです。
与えられた仕事をするのではなく、クライアントと交渉して報酬や納期を決めていく必要があります。
 
5年目の今は、継続してご依頼をくださるクライアント様が複数いらっしゃいます。
ありがたいことに常にしなければならない仕事がある状態です。
 
最初は「ランサーズ」というクラウドソーシングサイトに登録して
自分に合った仕事を探しました。
記事作成だけではなく、
翻訳やデザイン、新商品にネーミングをつける依頼、体験談を募集するお仕事など
いろいろなお仕事が募集されています。
 
クライアントに気に入ってもらえれば、
継続してお仕事をいただくこともできますよ。
 
 ⇒ランサーズ登録はこちらからチェック
  クラウドソーシング「ランサーズ」
 
⇒ランサーズでの稼ぎ方についてはこちらの記事でチェック
 
 

こんな方に在宅ワークはおすすめです!

自宅待機が推奨される今、こんな方に在宅ワークはおすすめです!
まずはできることから始めてみませんか?
 
・コロナウィルスの影響で仕事がない方
・仕事をしているけれど、お小遣いが欲しい方
・小さい子どもがいて自宅で仕事がしたい方
・自由に時間を管理して生活したい方
 
<スポンサーリンク>

 

 

迷うならまずは登録してみよう!

ここまで読んで在宅ワークに興味を持った方もいるはず。

だけど「本当に自分にできるのかな」なんて不安に思う方もいると思います。
当然です!
入学式 初めてのバイト 初めての職場
新しいことを始めるのは勇気がいるものです。

 

まずは気楽にランサーズに登録することから始めてみてはいかがでしょうか?

プログラミングや翻訳、記事執筆のようなスキルが必要な仕事だけではなく、

ネーミングを考えたり体験談を入力したりするお仕事もあります。

 

 ⇒ランサーズ登録はこちらからチェック   クラウドソーシング「ランサーズ」

 
 

また、在宅ワークをするならセキュリティ対策もお忘れなく!

ただいまノートンでは5月13日まで新生活キャンペン開催中です。
パソコンのセキュリティ対策が万全ではない方はチェックしてみてくださいね! 
ノートン公式サイトはこちらからチェック
 
 

ランキングも参加しています。よかったら応援お願いします。  


ブログライターランキング